もしFX会社が破たんした場合、預けた証拠金はどうなるの?

huiure FXを利用するためには証拠金をFX会社の口座に預け、それで取引をすることになります。
そこで気になるのですが、もしもFX会社に何かあった場合に預けた証拠金はいったいどうなってしまうのでしょうか。
銀行であれば、1000万円までは公的に保証されるのが有名ですが、FX会社ではどういう扱いになるのか気になるところです。
結論から言うと、FX会社ごとに違うという感じです。多くのFX会社では顧客から預かったお金を別に預けることで、顧客の資産を守ろうとしていますが、様々なパターンがあります。

一番、単純なのが「分別保管」という方法で、自分の会社の中で預かったお金だけを別々に管理するという方法です。
これは会社経営に使う資金と、顧客の資金を別々にする程度のもので、もしも会社が倒産するようなことがあったら戻ってこないことを覚悟した方がいいでしょう。

逆に一番、安全なのが「完全信託保全」という方法です。これはFX会社が証拠金のすべてをよその銀行に預けるというもので、万が一にFX会社に何かあっても安心です。どこの銀行に預けるのかということも調べておくともっと安心できると思います。

「分別保管」と「完全信託保全」の中間には、「一部信託保全」というタイプもあります。その名の通り、資金の一部だけをよその銀行に預け、残りは自社で保管するというやり方です。「一部」といってもどれぐらいの割合なのかは、FX会社によって異なりますので事前によく調べることが大切です。

もちろん、どの方法を採用するにしろ、一番いいのは倒産しなさそうなFX会社を選ぶことです。しかし、何が起きるかはわかりませんので、資金の管理方法についても知っておきましょう。
FX会社を選ぶ際には、手数料や通貨ペア、レバレッジ等に注目することも大切ですが、こういった万が一のことを考えることも忘れないようにしてください。