海外が投資の主戦場

huiure レバレッジやアフィリエイトへの規制が進む日本において、次に規制が入るのではともくされているのが実はバイナリーオプションです。金融庁が問題としているのは、勝敗が決定するまでの時間の短さだと思われます。従来の為替オプションは、数日から数週間といったスパンでの取引が主流でしたが、現在の個人投資家による投資は短期型、それも最短5分を謳うようなごく短い商品に人気が集まっています。金融庁の見解としては、「投資」とは数日以上にわたる期間の値動きを予測するものであり、5分間や10分間での値動きの予想は「投機」である、ということなのでしょう。こうした短期型オプションへの規制は、全体的な流れとなっていくようです。

ところで、オンラインカジノの仕組みがバイナリーオプションとよく似ていることはご存知でしょうか。国境を簡単に越えてインターネットでつながるものである以上、参加したい人は海外の会社を介することができるため、国内の規制はあまり意味を持ちません。実際、同一の資本がオンラインカジノとバイナリーオプションの両方を行っていることが、海外では見受けられます。バイナリーオプションの会社で日本人を担当している人が、以前はオンラインカジノに関わっていたということもあります。

おすすめサイト: オプション取引.net

バイナリーオプションに本腰を入れている人は、海外とくにHighlow.netを投資の主戦場としようとしています。日本の会社に比べて海外の会社は商品内容も豊富です。オプションによっては判定時間1分というものもあり、また銘柄自体もコモディティや株価指数などが選べたりします。こうした海外の業者が、いま日本の投資家を引き付けようと、日本語サイトを作ったり日本語によるサポートを可能にしたりと、様々な工夫を凝らしているのです。国内業者と海外業者比較をしている面白いサイトがいろいろあります。

しかし、海外の口座を使用することのリスクはあります。FXでいう信託保全がないため投資金は保護されませんし、いざ出金しようとしてトラブルが起きることも珍しくないと言われています。国内で規制が進めば、多くの投資家が海外口座の利用に踏み切ることでしょうが、それだけトラブルが増加することも予想されます。